Categories

[ジーロッドソン] G.RODSON チャッカブーツ COUNTRY CUOIO (ブラウン/8.5) - QI6EHJOSX

[ジーロッドソン] G.RODSON チャッカブーツ COUNTRY CUOIO (ブラウン/8.5) - QI6EHJOSX
[ジーロッドソン] G.RODSON チャッカブーツ COUNTRY CUOIO (ブラウン/8.5) - QI6EHJOSX [ジーロッドソン] G.RODSON チャッカブーツ COUNTRY CUOIO (ブラウン/8.5) - QI6EHJOSX [ジーロッドソン] G.RODSON チャッカブーツ COUNTRY CUOIO (ブラウン/8.5) - QI6EHJOSX [ジーロッドソン] G.RODSON チャッカブーツ COUNTRY CUOIO (ブラウン/8.5) - QI6EHJOSX [ジーロッドソン] G.RODSON チャッカブーツ COUNTRY CUOIO (ブラウン/8.5) - QI6EHJOSX [ジーロッドソン] G.RODSON チャッカブーツ COUNTRY CUOIO (ブラウン/8.5) - QI6EHJOSX
品番: QI6EHJOSX
在庫: 在庫あり
価格: 20,849.90円 10,771.45円

オプション:


* Size:

  • 靴幅: E

  • メイン素材: 牛革

  • ソール素材または裏地: 革底

  • ヒールの高さ: 3 cm

  • 留め具の種類: レースアップ

  • 原産国:インドネシア

  • 靴幅:E

  • 足元を華やかに見せてくれる独特の木型を使ったチャッカブーツ。履き口に近い部分に2アイレットの羽根を配すことで、トゥから甲にかけての流麗なフォルムを強調。アッパーだけでなくアウトソールも本革仕様なので、着用頻度を重ねることでしなやかさを増していきそうです。スーツはもちろん、ジャケット+デニムなどオフの日のきれいめスタイルにもマッチしそうです。

    ブランド紹介
    1980年代にパリのおしゃれなファッションピープルが震感した、フランスでもっともアヴァンギャルドなシューズブランド。別名「ハリウッド・シューメーカー」「ハリウッド・テーラー」と呼ばれ、パリ オペラ近くのG.RODSONのショップ(1992年に閉店)には映画スター、ミュージシャンが集い、オーナー兼デザイナーであるジェラール・セネ氏(現GERARD SENEブランドオーナー)が多くのエンターテイナーのためのコスチュームとアクセサリーを手掛けていました。「靴」だけはジェラール・セネ氏にとって特別なアイテムであり、いつもアメリカン・ファッション・シーンに登場するスタイル、デザインにこだわりました。そして、インスピレーションを受けたスターの名前をそれぞれの靴のデザインに一致させて提案したのです。■HICHMAN=アルフレッド・ヒッチコック ■GRANT=ケイリー・グラント ■RENO=ジャン・レノ など、ハリウッド・ムービーで観るインパクトを次々に「靴のデザイン」にしたコレクションが「G.RODSON」です。当時のG.RODSONは、イギリス・ノーザンプトンの名門グッドイヤー・ウェルト・シューズメーカー「TECNIC」によって生産されていました。しかし、1992年に「TECNIC社」は工場を閉鎖してしまいます。つまり「G.RODSON」ブランドの靴はその時に消滅したのです。しかしGERARD SENEの靴づくりの根柢にはG.RODSONがあり、オールドファンの誰もがG.RODOSONの再来を望んでいたのです。そこで、GERARD SENE氏にG.RODOSONの「復活」を懇願。しかし氏は「過去のもうとっくに忘れたブランドだ」と否定します。復活はありえないということまで断言しました。そんなジェラール・セネ氏が大きく考えを変えたのは「素晴らしい職人」に出会ったこと。当時の「TECNIC」の技術を超えるハンド・ウェルテッド・グッドイヤー工場のサンプルを見て「これならばG.RODSONを作ってみたい」という決心をしました。レプリカではなく当時のオリジナル「ピエール・トゥ・ナン」の木型をつかって「復活ではなく再来である」というジェラール・セネ氏の指揮で完全なる再スタートをしたのです。まさに20年ぶりの発売再開。2011年4月から日本でも購入できるようになりました。日本での発売価格も当時のままというジェラール・セネ氏のこだわりがあります。(\39,900)

    [ジーロッドソン] G.RODSON チャッカブーツ COUNTRY CUOIO (ブラウン/8.5) - QI6EHJOSX

    説明

  • 靴幅: E

  • メイン素材: 牛革

  • ソール素材または裏地: 革底

  • ヒールの高さ: 3 cm

  • 留め具の種類: レースアップ

  • 原産国:インドネシア

  • 靴幅:E

  • 足元を華やかに見せてくれる独特の木型を使ったチャッカブーツ。履き口に近い部分に2アイレットの羽根を配すことで、トゥから甲にかけての流麗なフォルムを強調。アッパーだけでなくアウトソールも本革仕様なので、着用頻度を重ねることでしなやかさを増していきそうです。スーツはもちろん、ジャケット+デニムなどオフの日のきれいめスタイルにもマッチしそうです。

    ブランド紹介
    1980年代にパリのおしゃれなファッションピープルが震感した、フランスでもっともアヴァンギャルドなシューズブランド。別名「ハリウッド・シューメーカー」「ハリウッド・テーラー」と呼ばれ、パリ オペラ近くのG.RODSONのショップ(1992年に閉店)には映画スター、ミュージシャンが集い、オーナー兼デザイナーであるジェラール・セネ氏(現GERARD SENEブランドオーナー)が多くのエンターテイナーのためのコスチュームとアクセサリーを手掛けていました。「靴」だけはジェラール・セネ氏にとって特別なアイテムであり、いつもアメリカン・ファッション・シーンに登場するスタイル、デザインにこだわりました。そして、インスピレーションを受けたスターの名前をそれぞれの靴のデザインに一致させて提案したのです。■HICHMAN=アルフレッド・ヒッチコック ■GRANT=ケイリー・グラント ■RENO=ジャン・レノ など、ハリウッド・ムービーで観るインパクトを次々に「靴のデザイン」にしたコレクションが「G.RODSON」です。当時のG.RODSONは、イギリス・ノーザンプトンの名門グッドイヤー・ウェルト・シューズメーカー「TECNIC」によって生産されていました。しかし、1992年に「TECNIC社」は工場を閉鎖してしまいます。つまり「G.RODSON」ブランドの靴はその時に消滅したのです。しかしGERARD SENEの靴づくりの根柢にはG.RODSONがあり、オールドファンの誰もがG.RODOSONの再来を望んでいたのです。そこで、GERARD SENE氏にG.RODOSONの「復活」を懇願。しかし氏は「過去のもうとっくに忘れたブランドだ」と否定します。復活はありえないということまで断言しました。そんなジェラール・セネ氏が大きく考えを変えたのは「素晴らしい職人」に出会ったこと。当時の「TECNIC」の技術を超えるハンド・ウェルテッド・グッドイヤー工場のサンプルを見て「これならばG.RODSONを作ってみたい」という決心をしました。レプリカではなく当時のオリジナル「ピエール・トゥ・ナン」の木型をつかって「復活ではなく再来である」というジェラール・セネ氏の指揮で完全なる再スタートをしたのです。まさに20年ぶりの発売再開。2011年4月から日本でも購入できるようになりました。日本での発売価格も当時のままというジェラール・セネ氏のこだわりがあります。(\39,900)

    [ジーロッドソン] G.RODSON チャッカブーツ COUNTRY CUOIO (ブラウン/8.5) - QI6EHJOSX

    Powered By yeson937.org © 2019